2010年 08月 10日
白緑
今回の記事はちょっと長文で失礼します。

話は数週間前に目にしたテレビ番組から始まる。番組と番組の間にちょこっと挟まる2~3分の番組。ゴールデンタイムの時間帯の54分頃から数分間だけ放映される、一瞬で終わっちゃう様な「繋ぎ」番組。制作されてる方々には失礼だが、そういう位置付けだけにあまり真剣になってそういった番組を見たことも無いのだが、その日のその番組には思わず目を奪われてしまった。山深い場所にある、とある渓流の水の色が、白と緑を合わせた様な色に見えるという内容で、その色を「白緑(びゃくろく)」と表現していたのだが、何とも言えぬ上品なその淡い緑が心に強く残った。
c0152553_20143852.jpg

その日はソレで終わってしまったのだが、数日後にふとした事でその見事な光景とその独特な色が脳裏に浮かび上がってしまい、自分も写真をやってるのならばあの「白緑」こそ写真に残してみたいもんだと考える様になった。と言うよりも、写真云々の前にこの目であの色を実際に見てみたいという思いの方が強かったかもしれない。しかし、その番組に関しては「視聴していた」と言うよりは「視界の一部に入っていた」程度だった為に、どのチャンネルの、何と言う番組なのかも定かではない。そこからヒマあるごとにネットでの番組調べが始まった。頭に残っているのは「白緑」と言う単語と、番組タイトルに「彩」という文字が含まれていた様な僅かな記憶だけが頼りだった。
c0152553_20145160.jpg

そしてようやくある番組HPに行き着いた。その番組は川や池や沼、そういった名水の「色」に着目して魅力を紹介する番組であった。そしてそこにはたしかに「白緑」というテーマと共に、ある渓流が紹介されていた。その渓流は、幸いなことに私の家からクルマで2時間程度の場所で、訪れるにそう難しくはなかった。
c0152553_2015342.jpg

実際に訪問したその場所。たしかに「白緑」ではあったのだが、太陽光の関係だろうか、残念ながら今日のところは番組で見た時の様なあの鮮烈な白緑ではなかった。それに写真という形で残すには一筋縄ではいかないと言うか、なかなか見た通り、思った通りの色としては残ってくれない、ちょっとイジワルめいた色だった。それでも、「ようやくココまで辿り着いた」みたいな達成感が先にあって、渓流は逃げるもんでもないのに、とにかく速く、1枚でも多く、汗を拭くのも忘れてシャッターを切りたくなる様な、とても不思議な感覚の撮影になったのが印象的だった。

by kotodaddy | 2010-08-10 20:46 | その他 | Comments(16)
Commented by wisteria_apr at 2010-08-10 21:15
こんばんは。
番組を見ていないので何ともですが、これで光が差し込むと緑が輝きそうですね。
NDフィルターでSSを落としたりC-PLフィルターで反射光を消してみるのも面白そうで。
以前JAFの冊子で見た写真をもとに、西沢渓谷まで足を運んだのを思い出しました。
4回ほど行ってご無沙汰ですが、また行きたくなりましたよ・・・。

しかし改めて思うに、kotodaddyさんはかなり行動力がありますね^_^
見る→気になる→調べる→行ってみる。この後に物欲方向に進む可能性も・・・
あのレンズならもっと綺麗に撮れるのでは?→悩むx3→お買い上げ、とw
Commented by yoshioyaji at 2010-08-10 22:18
調べてすぐに行ってしまうところがスゴイです。
ご覧になった番組の白緑は分かりませんが、お写真の水の色もとてもいい色だと思います。
このような素晴らしい所があるんですね。
おいしい空気を吸いながらの趣味時間、たまらんです。

広角系単焦点の明るいレンズかぁ...(^^;
Commented by ryotadesuga at 2010-08-10 22:50
こんばんは。
真夏にこの涼しげな写真はとても癒やされますね^^
一度でダメなら二度三度!
写真で見ると流れが結構急なようですね、撮影には十分注意してください!
Commented by kotodaddy at 2010-08-11 10:35
wisteriaさん
こういう風景を今後撮っていくならばNDとかPLが欲しくなりますけど、おそらく私は・・(以下略)。
それでも実に気持ちの良い空間だったので、今後は渓流という場所自体がナンだか気になる
様になるかもしれませんね。ホントはもっと涼しい場所なのかと思ってましたが・・^^;
西沢渓谷もちょっとググッてみましたが、素晴らしそうな場所・・。ちょっと行ってみたくなりますね^^ 
Commented by kotodaddy at 2010-08-11 10:39
yoshioyajiさん
この前yoshioyajiさんも同じ様な色の川の写真を出されてましたね。イメージ的にはまさに
ああいう色合いだったんですが、やはり太陽の当り方で違いが出てしまうんでしょうね・・^^;
この写真は24-105と70-200なんですよ。空間を切り取って余計なものを排除できるズームが
便利かなと思い、単は持っていきませんでした。どうせ思いっきり絞りますしね^^ 
Commented by kotodaddy at 2010-08-11 10:44
ryotadesugaさん
実際はもっとヒンヤリしてる場所なのかと思ってたんですが、意外に蒸し暑かったです^^;
それでも水はさすがにキンと冷えてますし、なにより透明度がものすごいですね。実は
多摩川の源流になる場所でして、もうちょっとジックリと周囲を散策しながら撮ってみたい
所でした。流れは結構なもんでしたから、ムリは一切しませんでした(笑)。
Commented by granpatoshi at 2010-08-11 14:23 x
こんにちは♪

どうもご無沙汰でした^^。涼しそうで深山の渓谷ならではの色ですね。
私、東北を車で一週間ほっつき歩いていましたが、どこへ行っても暑くて大変でした。
ただし、海はとても綺麗でしたよ^^。夏の日本海は波も静かで水遊びにはもってこい
の場所です。
Commented by kotodaddy at 2010-08-11 18:47
granpatoshiさん
こちらこそご無沙汰です^^ ずいぶん遠くまで行かれていた様で・・・^^
この色に惹かれて行ってみたのですが、テレビで見た時の様な鮮烈な色でなくて残念・・^^;
こういうところにもテレビのマジックが存在するのですね。まぁ、今後も行こうと思えば行ける
距離だったのが幸いでしょうか。何が何でもあの色を見たいんですけどねぇ^^;
Commented by ya_mura at 2010-08-11 19:04
渓流撮影ですか~。
kotodaddyさんを2時間かけても行かせようとするインパクトがあったんですね(^^)
自分もあまりやったこと無いんですけど、ND&PLフィルターを使うとまた雰囲気が変わるかもしれません。
渓流だけでなく、実は野鳥撮影地の発掘という目的もあったとか…???…(笑)
Commented by Pikatto08 at 2010-08-11 19:40
私も時々、TV観てて目を奪われるシーンがありますが所詮そこ止まりです。
しかしながら、kotodaddyさんは凄いですね!
サッと調べて行っちゃうんだから!行動力ありますね~。
でも、万一の事もありますので撮影には充分に注意して下さいね。
Commented by pm-3 at 2010-08-11 21:24
kotodaddyさんの飽くなき探究心と行動力に感服です。
「白緑」…勉強になりました。
Commented by kotodaddy at 2010-08-12 07:30
ya_muraさん
テレビで紹介された様な、例えば行列のラーメン屋さんなどにはわざわざ調べて出掛けよう
等と言う気にはならないんですが、そういう私がこんな行動に出たと言う事はインパクトあった
んでしょうねぇ・・^^ 日ごろカワセミを追って1/1000だ1/1600だって言ってる私がNDだの
PLだの言ってると笑われそうなので、そっち方面は自粛しときます^^;
Commented by kotodaddy at 2010-08-12 07:35
光°さん
調べてみたら、たまたま近距離だったんですよ。実際に行くか行かないか、ギリギリの境界線
かなぁ(笑)。こんな事を言ってる程度ですから、大した事はないですね・・^^; でも、テレビでの
情報などで実際に行ってみる、食べてみる等の体験をすることは見聞を広めるという点では
いい事かもしれませんね。今回も、調べてみると言った事前行動も面白かった気がしますし。
Commented by kotodaddy at 2010-08-12 07:42
pm-3さん
この「白緑」って言葉は実際にある単語なんでしょうか。単純に白と緑をくっつけただけって
気もします。とりあえず「びゃくろく」とPCにタイピングしても変換できない訳ですが・・^^;
でもこの場所が近くて良かったですよ。高速を使わずに下の道だけで2時間かかりますけど、
いい場所を知ることができました^^
Commented by paseri03 at 2010-08-12 08:27
気になると、とことん調べる。行ってみる。
以前にも書かれていましたね。
鳥さんブログで場所を確定するには、多大な努力と想像力(妄想)も入りますが(笑)
私は、 kotodaddy さん見習ってます~~

まさしく「白緑」ですね。ttp://zipangu.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/_58_6154.html
>なかなか見た通り、思った通りの色としては残ってくれない
これでお気に召さない?
2回目 絶対に行くと確信!

1枚目がお気に入りです。


Commented by kotodaddy at 2010-08-12 11:17
パセリさん
上で「白緑」って言葉は実際にある単語なんでしょうか等と書きましたが、なんと、ちゃんと
色を表す言葉として存在するものだったんですね。リンク先を拝見して声が出てしまいました^^
はい。お気に召しません(笑)。テレビではもっと鮮やかだったんですよ~。やはり太陽光が
もっと注ぎ込まないとダメなんでしょうか。ホントにガケに挟まれた渓谷ですので、太陽が
注ぎ込むのは昼間の数時間しかないハズ・・。そういう時間を見計らったんだな、あの番組・・^^;


<< ファイナルアプローチ      飲酒しての入札はキケンです >>