2010年 08月 01日
生まれ年の機械モノ
また腕時計の話で恐縮ですが・・・。
c0152553_16383459.jpg

以前にどこかで書いたと思うんですけど、実は私の生まれ年の時計を1つ持ってるんですよ。他の方々はこの古びた腕時計を見ても取り立ててナンとも感じないと思うんですけど、自分の中では、なんかこう味のある、密かにプチ自慢の一品だったりします(笑)。
ROLEXって製造年月日が時計のどこかに刻まれてる訳じゃありませんで、一つ一つの時計本体に刻まれた通し番号になっているシリアルナンバーで判断するしかありません。つまり「No.〇〇〇〇~△△△△までは◇◇年に造られたもの」と言う様な感じになってまして、そしてそのシリアルナンバーと製造年の関係も、特にROLEX社が「こうなってますからね」と公式に発表しているものでもなく、あくまでも長い年月の中でユーザーや時計屋さんが「こんな感じになっている様だ」とまとめた程度のものなのです。ですから、私としてはソレを信じて持ち続けているだけで、ホントは1~2年違ってるのかもしれないんですがね^^;
c0152553_16384465.jpg

「1501」と刻まれているものはリファレンス・ナンバー(ref.)と呼ばれる「モデル名」。この時代の「OYSTER PERPETUAL DATE」というモデルは「ref.1501」という型式が付いていたと言う事になります。シリアル番号はこれと逆側の本体部分に刻まれています。今では腕にする事も年に1回あるかどうかなんですが、今回の撮影の為にウォッチケースから出してしばらくいじってましたら、ちゃんと刻々と時を刻み始めました^^ 私はもう40代の半ばのオッサンになっているんですが、約45年の月日を経ても動き続ける機械モノ。年季を感じさせる数々のキズも含め、カッコよさを感じてしまいます^^ 私が没した時には棺おけに入れてもらうか、それとも更にこの世で時を刻ませるべく娘に託すか・・。な~んて。まぁ、ゆっくりと考えようと思っています^^

by kotodaddy | 2010-08-01 17:08 | その他 | Comments(16)
Commented by うずまき at 2010-08-01 20:49 x
腕時計にこれだけ財力を傾注できる方とは一体?
義父の形見であるセイコーのメカニカルは今も悠久の時を刻んでいます。
私自身は唯一チュードルを持っています、一度オーバホールをしたいのですが
正規修理店の日ロレに依頼するとロレックス価格なんでしょうか?(怖)
Commented by ゼク at 2010-08-01 21:02 x
やっぱり機械式の時計はいいですね~~!
僕も50年代の手巻き時計を持っていますが、デジタルにない温かさがあります。
Commented by pm-3 at 2010-08-01 22:19
生まれた年と同じなんてカッコイイです。
男のロマンですね~。
Commented by kotodaddy at 2010-08-01 22:55
うずまきさん
チュードルとロレックスは何かと同時に語られる事も多いですけど、オーバーホールが同じ額
って事は無いと思いますよ。日本ロレックスで見積りを取ってみるといいですよ。たしか名古屋
にもあったと思います。チュードルを扱える時計屋さんでオーバーホールもやってるところも
ありますし^^
Commented by kotodaddy at 2010-08-01 22:59
ゼクさん
このref.1501は一昨年辺りに日本ロレックスに持ち込んだのですが、その時は「状態としては
今すぐにオーバーホールをやらなくてもいい状態だが、やったとしたら・・」という額を出してもらった
のですが、ちょっと驚愕の数字が出ました^^; やはり年式的に旧いですからねぇ・・^^;
この先、メンテし続けてあげられるかどうか・・^^; 
Commented by kotodaddy at 2010-08-01 23:02
pm-3さん
以前は「コレ、自分と同じ年の生まれなんだよ」などと言いながら他人に見せたりもしましたが、
最近は腕にする事も少なくなってしまいましたね。風防がプラスティックなので、ちょっと研磨
してやるだけでも多少キレイに感じられるかもしれないです。ソレ用のコンパウンドも持っては
いるのでやってみようかな・・^^;
Commented by きく坊 at 2010-08-02 01:41 x
時計の世界でもシリアルで製造年が分かるの事を初めて知りました。
なにせデザインが良ければ、それで買ってしまって10本以上は持っているものの、こだわりは全くなくて・・・
ライカやNikonと同じような世界が有るんですね。
Commented by wonderfullifewith at 2010-08-02 09:38
時計
所有欲が満たされ、保険も税金もランニングコストも、自動車のそれからすれば殆ど掛からないと考えれば、極めてリーズナブルな趣味と言えなくもないですよね。

ただ、
>私が没した時には棺おけに入れてもらうか、それとも更にこの世で時を刻ませるべく娘に託すか・・。
私なら絶対後者です。あの世に行ってからも時間を気にするような生活はしたくないです(笑)。
Commented by kotodaddy at 2010-08-02 21:07
きく坊さん
古い機械モノってだけで好きな方はいらっしゃいますからね^^ 最近のデジタル物なんかは
完全に新しいものがいいんでしょうけど、例えばフィルムカメラなんかだと今でも年代モノで
人気のあるものがありますよね。決して快適ではないんですけど、独特の味があるってのも
今の時代にはいいですね^^
Commented by kotodaddy at 2010-08-02 21:11
wonderfullifewithさん
それ以前に、棺おけの中には金属類は入れちゃダメってとこもある様で・・^^; だとすると
カメラ機材はどうなるのか・・。余命宣告されたら、まずは中古店に売り歩こうと思います(笑)。
そうか、たしかにあの世に行ってまで時間に縛られたくはないですね。でも、いま現在が
結構オンタイムに神経質なので、時計は持っていたくなるのかなぁ・・(笑)。
Commented by yoshioyaji at 2010-08-02 22:19
何十年も動き続けるメカを作る技術力もさることながら、
飽きの来ないデザイン、マークを取ってもどこの製品か分かるデザインというのが
どのように作られてくるのか、興味深いですね。

私は生まれ年にちなんだものは持ってませんが、ときどき10円玉、5円玉の年号に自分の
生まれ年を見つけます。
でも100円、50円の現行デザインは私が生まれた後なんで生まれ年のはないんです...
稲穂の100円玉、でっかい50円玉(穴のないのもあったなあ)が懐かしいっす。

Commented by kotodaddy at 2010-08-03 05:19
yoshioyajiさん
そうか、旧型の50円100円硬貨、かぁ・・。ずっと前に記事にした事があるんですが、記念
硬貨や昔の硬貨を取引のある銀行の人が持って来てくれるんで何枚かあるんですよ。
yoshioyajiさんの生まれ年のものがあればプレゼントしようかなぁ・・^^ 
Commented by at 2010-08-03 22:24 x
こんばんは。
周回遅れになりましたが...

生まれ年のロレックス、イイですねぇ。
私も恥ずかしながら、古いロレックスを一本持っているのです。
と言っても、動かないものなんですが...
祖父が使っていたもので、動かないから私の所に回ってきたのです。

いつか修理して、動くようにしてやろうと思うのですが、いつのことになるのやら...(^^;
Commented by kotodaddy at 2010-08-04 08:04
虎さん
おぉ~っ、そうでしたか^^ 「祖父が使っていたもの」とありますので、それだけで思い入れは
十分にあると思うのですが、それがまた虎さんの生まれ年にカブッているのならばなお更では
ないでしょうか。この先ずっと動かし続けるにはそれだけの手がかかりますので、動かすのか
どうかはオーナー次第ですが、そういう経緯のある時計だったら動く動かないはあまり関係は
ないですね^^ しっかりと保管することこそが大事ですね^^
Commented by はる at 2016-02-16 14:16 x
はじめまして。
自分のロレックスのベルトが破損してネットでウロウロしていたらこのサイトにたどり着きました。
自分も父の形見のロレックスがほぼ生まれ年のものです。
56年前です。いま自分のロレックスを見積もりに出しているので、
その56年もののロレックスをはめています。
手巻きで、ちゃんと時を刻んでくれています。
Commented by kotodaddy at 2016-02-17 17:08
はるさん
はじめまして。ようこそお越しくださいました。
56年前!素晴らしい!キッチリ動いてくれているのですね(^^)
私のこの1本。もちろんまだ手元にありますし、時には腕にしてみたい時も
あるのですが、実はブレスの予備コマが無いんですよねぇ(^^;;
贅肉がつきまくってしまった現在の私の左腕には収まらないのです(涙)。
オークションなども含め、探せば出てきそうな感じもしますが・・。
試しに探してみようかなぁ。

最近はなにかと忙しくなってしまい更新もままならないのですが、
ロレックスがらみで他の記事もありますので、またお立ち寄りください(^^)


<< 真夏本番      分解あそび >>