2010年 02月 16日
高いのか、安いのか
c0152553_1913078.jpg

ある趣味にハマるとする。熱しやすい私は徹底的にそのテの書籍を買い込み、それらを読み耽ることで知識を蓄積していく様だ。つまり本から情報なり知識を得るパターンだ。機械式時計にハマッた時もそうだったし、カメラについてもそうだ。巷には数種類のカメラ雑誌が出版されているが、毎月2~3冊それらを買い込んできた。気が付くとベッドサイドの本棚はカメラ雑誌で溢れんばかりとなってしまった。今日は休日だったのだが天気も芳しくなく、思い切ってそれらの本を処分する事にした。重ねてはヒモで縛り、重ねては縛る。つい捨てるはずの本を読み始めてしまったりして随分と時間がかかったが、とりあえず作業を終えた。なんとカメラ雑誌だけで約120冊。このテの雑誌は得てして高い。1冊1000円見当として総額12万円超えか・・。写真を撮るって事に12万円分の知識が必要だったのかどうか、今となってこの金額を突き付けられると、自分でも果たして有用だったのかどうか判断がつきにくい。

by kotodaddy | 2010-02-16 19:17 | その他 | Comments(32)
Commented by wisteria_apr at 2010-02-16 20:06
こんばんは。
書籍は役に立つものもあり、あまりそうでないものも出てきますよね。
私もこう言った本は良く買うのですが、手元に残る事は少ないです^^;

本当に役に立つものだけ置いておくか、もしくは自身の知識として蓄積
されたので不要となったか元から役に立たなかったか・・・。
最近は立ち読みで役立つと判断した本だけ買うようにしています。
でないと、記事の通りに意外とお金がかかるんですよね^^;
Commented by zingbay at 2010-02-16 20:10
管理人様

ある人物の話ですが。

その彼は、アルファロメオ ジュリアスーパーという、とても旧い車を好きに
なってしまいました。
いつか乗りたい!と思い続ける日々が続き、忘れ、また思い出し。

そんなある日、ふと通りがかった町の修理工場で、捨てられたジュリアを見つけました。
外装は剥げ落ち、錆が浮き、エンジンルームには草が生え、ガラスは砕けており
とても悲しい姿でした。

哀れを感じた彼は、そのアルファを5千円で購入し、引き取ってきました。

その後…
外装の錆を落とす方法を探し…
エンジンを生き返らせる方法を探し…
ガラスを嵌める方法を探し…
配線をやり直す方法を探し…

自宅横の私道で溶接作業をやっていて、引火して消防出動→ご近所様に平謝り…
エンジンに火を入れようと思ったら、何故か部品が余っていて泣く泣く分解しなおしたり…

5年の月日が経った頃、鮮やかな赤色のジュリアスーパーが彼の街を駆け抜ける
様になりました。

この車を自分で直して乗りたい。その気持ちに押されて費やした額はウン00万。

有用だったのか、彼に問う機会があれば、間違いなく断言するでしょう。

「趣味だから仕方ない」
Commented by Naru at 2010-02-16 20:45 x
道楽でしょ?無問題です(笑)。
私も、凝りだすと止まりません。PDAで有名だったPalmPilotとかSONYのCLIEとか、同じようなものが何台も何台も・・・。カードゲームにはまった事もあったな、Magic: The Gatheringがまだ、日本語版なんて無い頃、逆輸入したりシングルカードを買ったり・・・。ビリヤードだって、25年くらい前のブームの時に学生のくせに、十数万のマイキューを買ったり、15年くらい前の次のブームの時にも逆輸入でキューを取り寄せたり・・・。
あぁ、いくら使ってきたんだろう・・・。
んで、ここにきてカメラですよ・・・(笑)。この後いくらレンズとボディにつぎ込むのか・・・。
でも、道楽なんだから、心を豊かにしてくれるんです。
もちろん・・・・プライスレスっ!(笑)

Commented by yoshioyaji at 2010-02-16 21:16
ああ、耳が痛いなあ^^;
でもkotodaddyさんは読み耽っているから費用に見合ったものを得ていると思いますよ。
私は年のせいか、途中まで読むと眠くなる、起きればさっぱり憶えてない...
処分するときは重たいし。
何のために買ってるんだか^^;
Commented by hayabusa47 at 2010-02-16 21:41
こんばんは。
カメラ雑誌が120冊ですかあ?ずいぶん買い込みましたね(笑)
私も独身時代は車雑誌やカメラ雑誌を買っておりましたが、最近はほとんど買いませんわ。
ほぼ立ち読みで済ませています。あ、1D3が入手した時は特集号を買いましたね。
Commented by qchan1531 at 2010-02-16 22:12
わあ。ちょっと頂戴!!
す、す、すみません。
思わずごくりと。。
私はすっかり立読み派です。個人的には月刊カメラマン派かなあ。
ペンタックスを使ってると新製品情報はあんまり影響ないんですよねえ。(笑)
Commented by ジュニアユース at 2010-02-16 23:34 x
こんにちは。
私も以前は、毎月数冊の雑誌を買っていましたね。今考えれば、凄い金額を
使っていたことになりますけど、でも当時は必死に情報を得ようとしていましたね(言い訳かな)。知識欲とはすごいものですね(物欲はもっと凄いかな)。
そんなカメラ関係雑誌も、当時はきれいに揃えて、本棚に鎮座させてましたが、
モデルチェンジや進化の激しい製品ですから、あまり以前のものをとっておいても、
意味ないかな、と思って、最近は収納スペースを縮小しました。
今は毎月買う雑誌は2冊にしてますが、パソコン関係の雑誌も買っているので、
総額は変わらないかも。


Commented by モケーレ at 2010-02-16 23:36 x
はい、私も同感!!です、
だから、月刊誌一冊(デジタルカメラマガジン)に絞りました・・・・、
溜まらないように、通じて一年間分を残してます、
ただね、本屋さんに行くのは好きなので「ここにいるよ~」って雑誌が呼ぶんですね(笑)
無理やり気持ちを押し殺して我慢してます、

でも、今日(2月16日)にディ〇ゴス〇ィーニから、「野鳥の世界」なるものが創刊されました、
あ~~、もちろん買っちゃいましたけど(爆)
ちなみに創刊号はバインダーが付いて290円です。
Commented by okiraku-susan at 2010-02-16 23:45
こんばんは(・∀・)
こりゃ「週刊・野鳥の世界」を置くスペースのために片付けてる画ですか?( ̄ー ̄)(笑)

わたしも本・雑誌の類は買うほうですが、買うと満足してほとんど読んでませんw
AirLineなんて毎号何のために買ってるんだか(´Д`)
Commented by tks_naka at 2010-02-16 23:55 x
私もこういった本は買いまくっています。
月にカメラ系で2誌、パソコン系で3誌、鉄道系で2誌、月刊Urawa Redsぐらいでしょうか。
これに「野鳥の世界」が加わるかもしれません。(笑
値段は考えないようにしています。
Commented by strike-freedum at 2010-02-17 09:53
写真雑誌はまったく買わなくなりました。
似たような記事が多いのと特集記事も年間ローテーションですから1冊適当に立ち読みして済ませてます。  

飛行機も鉄道も自転車も読みたい記事があるときしか買わないですし車雑誌も厳選して1冊ですね(^^;) 
 



Commented by kotodaddy at 2010-02-17 10:46
wisteriaさん
私はこのテの雑誌は「睡眠導入剤」として使います。ちょっと酒の入った状態でベッドに入り、
数ページ読むとそのまま眠れる、みたいな。なので立ち読みして買わなかったら眠れない
って事になるのです(笑)。ま、こういう考えをしてる事自体、お金が貯まりそうもない考え方
ではありますね^^; このテの雑誌はポイ捨てもしにくくて、そこも問題かなぁ^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 10:49
zingbayさん
「趣味だから仕方ない」。これは真理ですよねぇ。どんなにお金がかかったとしても、それを
理解できるのは本人、あるいは同じ趣味の人だけですからねぇ。でも、そのアルファは幸せ
だったですねぇ。5年の歳月をかけてのレストア、十分にそのご苦労は理解できます。私の
友人にもAE86レビンをコツコツとレストアしてるのがいますが、妙に楽しそうです^^
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 10:52
なるさん
ビリヤードでマイキュー。いましたねぇ、私の周囲にも^^ やっぱり凝り性の友人からお古の
キューを譲ってもらいましたけど、管理が悪くて反ってしまいました。あのキュー、まだ実家に
あるんじゃないかなぁ。私も今はカメラ関係だけがお金のかかる趣味になってますね。もう
レンズもボディもいいかなとは思ってるんですけど、急激に物欲が湧き上がるので・・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 10:57
yoshioyajiさん
読むと眠くなる・・。私は睡眠導入剤として使ってますので、それでいいんですが(笑)。ベッド
サイドに置いて1冊を2週間くらいかけて読みますので、そういう意味じゃコストパフォーマンに
長けてるかもしれません。処分する段階になると重くてキツいですね。今回100冊以上の本を
捨てましたが、マンションのゴミ置き場に持っていくのも難儀しました^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:21
hayabusa47さん
私はあまり立ち読みってしないんです。って言いますか、本屋さんに行くこと自体が月に1回
程度で、2冊あるカメラ雑誌を手にとってどっちが面白そうかペラペラめくる程度ですかね。
クルマも好きだったりしますので、カメラ雑誌とクルマ雑誌を両方買うなんてこともあって、
結構な出費になっちゃったりしますねぇ。あ、mk3の解説本買いましたよ、3種類くらい(笑)。
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:25
qchan1531さん
あはは、やはりこのテの雑誌って読みたい方は多いんですよねぇ。今回、そのまま丸ごと
捨てるのはサスガに勿体無い気もして、オークションで売ってみようかとも思ったんですが、
あまり頻繁に回転している様子でもないし、発送の手間ひままで考えると億劫で・・^^;
カメラ雑誌の特集記事も、本当に自分に必要な情報かと問われればそうでもない気も・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:29
ジュニアユースさん
私はPC、クルマ、カメラ系が多いですかねぇ・・。本屋さんに行くとなかなか手ぶらでは出て
来れないタイプですので、私にとっては比較的危険ゾーンですね、本屋さんは。マンガの
単行本も2~3種類「必ず揃えるタイトル」があって、数ヶ月ぶりに本屋さんに行くとそれこそ
大量購入になってしまいます。最近は新幹線の雑誌なども手にとってしまう様になりました^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:33
モケーレさん
「デジタルカメラマガジン」と「フォトテクニックデジタル」。この2冊を両方同時に買うのは、
散財家である私でも多少ブレーキがかかってしまいます。結果的に時期をずらして買って
いる月もありますが^^; そう言えば出ましたねぇ、「野鳥の世界」。ディアゴのシリーズは
長い目で見ると相当な額になるので私も気をつけています^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:35
すーさん
月刊エアラインも特集記事次第じゃ買っちゃいますね。以前は毎号必ず買ってましたよ(笑)。
ディアゴのシリーズ、あれはよく考えられてますよね^^; 基本的に収集癖がありますから
おそらく買い始めればズラリと全て揃えてしまう性格です。この前テレビで取り上げられて
ましたが、ディアゴのフェラーリ。あれは買っておくべきだったと後悔していますよ^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:40
tks_nakaさん
私以上の方 イタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! 単純に1ヶ月で8冊。それじゃさぞや
置く場所も相当にかさんできている事でしょう^^; あのテの雑誌って読んだらポンポン捨てる
って感じじゃないので、気がつくとえらく貯まっている状況ですよね^^; 月を追って本棚に
揃える様になってしまうと買わずにはいられなくなってきますし・・。出版社のいいお客さんに
なってしまってますね、お互いに・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 11:43
strike-freedumさん
たしかに特集記事はローテーション化してますね。サクラだの紅葉だの雪景色だのは完全に
そうですし、露出だ構図だなんてのもそうかも・・^^; 厳密に考えれば、今の自分に本当に
必要な情報じゃないのに買っちゃってると思いますよ^^; その時は「まぁ1000円程度だし
いいか・・」なんて買ってますが、これだけ溜まってしまうと恐ろしくなりましたよ・・^^;
Commented by granpatoshi at 2010-02-17 12:03 x
おはようございます♪

出し手側からすると、未来永劫ず~っと買い続けて欲しいです^^;。
私は趣味誌の場合、気に入った記事や特集は切り抜いて、必要な部分だけ保存して
います。電子雑誌が本格的に普及すれば、こんな悩みも無くなるんですけどね。
問題は書籍です。私は昭和40年代からの本をかなり貯め込んでいて、これだけは処分
する気にはなれません。雑誌と違って本は愛着が湧くんですよね。
趣味誌の記事がローテーション化している現象、これは困ったものです。
編集者の企画力が相対的に落ちている証ですね。作り手は読者層が入れ替わって
新しい読者が参入するからOKと思っている訳ですが、全体的に部数は減ってきて
いるわけで、安易な企画は読者から見放されます。とはいうものの、これからも末永く
ご愛読をお願いします^^;。
Commented by dg-3010 at 2010-02-17 12:08
こんにちは。ちょっと前までは私も雑誌大好き♪ 月に数冊購入していました。
今は予算削減で余程の記事がない限りは購入しなくなりました。雑誌無しでも
今はインターネットで情報が入ってきますから、なんとか生きていけてます(笑)。
「野鳥の世界」のCMを見た時に真っ先にハマるkotodaddyさんの姿を想像して
しまいましたよ~(^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 12:58
granpatoshiさん
あはは、 granpatoshiさんは出版関係の方でしたね^^ いや、本そのものは睡眠導入剤
として無くてはならないモノ(笑)ですので今後も買い続けますから、どうぞご安心を^^
電車に乗る時なんかも読むものが欲しくなって、ちょっと早めに家を出て本屋に寄ったりする
事もありますね。電車に乗ること自体少ないですが・・・^^;私も一時期スクラップや重要な
記事部分をスキャナで読み取って保存してたりもしましたが、最近はめっきりやらなくなって
しまいました^^;  
Commented by kotodaddy at 2010-02-17 13:02
dg_3010さん
「野鳥の世界」ってCMやってるんですか・・^^; ディアゴのシリーズは危険なんですけどねぇ。
創刊号はカワセミらしくて、如何にもスグに飛びつきそうだったんですが、実はまだ本屋さんに
行ってないんですよ^^; そろそろカメラ雑誌の次の号が出るので、その時に買っちゃいそうな
気はしますが。How toモノはネットで情報が溢れてますけど、それでも買ってしまう本という
ものの存在は一体何なんでしょう。でも趣味の本って総じて高くて困りますね^^;
Commented by n0_name at 2010-02-17 19:24
こんばんは。
12万円・・・。
ずっと読んでいると随分とお金がかかるんですね^^;
私は途中から雑誌は買わなくなりましたが、CAPA代で一体いくか使ったんでしょうか・・・orz
私も熱しやすく冷めやすい性格なので、アレやコレやら欲しくなってしまうので、注意が
必要ですね^^;
Commented by ryotadesuga at 2010-02-17 22:23
こんばんは。
僕は以前熱帯魚にはまっていたときにやはり月刊誌を3冊ほど毎月買っていましたね。
今は結局残っていません^^;
カメラは今皆さんのブログ写真などを参考にして覚えていってます。
Commented by at 2010-02-17 23:51 x
こんばんは。
鉄道雑誌は1-2冊/月、カメラ雑誌は1冊/月、その他購入は需要に応じてですが...

考えてみると、結構な出費になってしまいますね。
全然血にも肉にもなっていないのですが...(^^;

その昔、広告代理店に勤める悪友が...
「仕事柄、雑誌がタダで読めるので助かる」と言ってたのですが、
少々羨ましく思いつつも、「お前はそれを言っちゃイカンだろう」とも思いまして
少々複雑な気分になったことを...思い出しました。
Commented by kotodaddy at 2010-02-18 12:06
n0_nameさん
CAPAは私もたまに買いますが、デジタルカメラマガジンとかフォトテクニックデジタルとかは
なんだか高いですからねぇ。その月には大した出費に感じなくても、こうやってまとまると
とんでもない事になってるのがよく分かりましたよ。でも、これから買わないって気にもなって
いないところが笑えます^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-18 12:09
ryotadesugaさん
熱帯魚とかも結構お金のかかる趣味の様ですね。私は過去に熱帯魚は飼った事なない
のですが、お祭りでゲットした金魚を娘が飼いたいと言い始めた時には、水槽やエアポンプ、
水草などで随分な出費でした。熱帯魚になればヒーターなんかも必要になってきますから
あれ以上になるって事ですよね。熱帯魚屋さんも近づかない様にします・・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-02-18 12:12
虎さん
私も本当に役立っているのかどうかと問われれば・・・、どうなんだろ^^; 単に安眠への
導入として読んでるだけだったのかもしれませんし、感化されて買ったボディやレンズも
数多くあるでしょう。広告代理店は雑誌はタダで読めるんですか。掲載広告だとか情報源
として会社購入なんでしょうね。ま、仕事として読むのとは違うんでしょうけどもねぇ・・・^^;


<< あごの下をナデナデしたくなるコゲラ      500系きました >>