2009年 08月 25日
そ~っと覗いて見てごらん~♪
c0152553_20304954.jpg

草むらの向こうをそ~っと覗くと「若」発見^^ ここから狙う水面に向けられた目は真剣そのもの。珍しくMFでピンが来た1枚です。

by kotodaddy | 2009-08-25 20:38 | カワセミ | Comments(20)
Commented by akina(JA15KM) at 2009-08-25 21:08 x
こんばんは。
いつも思うのですが、「若」かどうかどこで見分けるのでしょうか?
成鳥(・・でいいのかな?)とは、やはり体つきが違うのでしょうか?
ド素人でスミマセン^^;

話は違いますが、コタちゃんさんも撮られていたみたいです。例の飛行機。
Commented by Pikatto08 at 2009-08-25 21:33
私も若様の見分け方知りたいです。
と言っても、ここ半年、カワちゃんに遭遇すらしてないから、あまり意味ないですが^^;
奈良の姫様もカワちゃんにヤマちゃん、皆さんが羨ましい・・・(笑)
Commented by kotodaddy at 2009-08-25 21:57
akinaさん
あ、この写真の時は別の場所からこの場所へ移って行くのを見てますんで「若」と分かって
いるんですが、判別の仕方としてはまず第一に色が黒っぽいです。青の羽の部分もキレイな
青と言うんじゃなくて、かなり黒っぽい感じの青です。それと脚。成鳥カワセミの脚はキレイな
オレンジなんですが、この脚も相当に黒っぽい。まだ親から餌をもらってる様な頃の若の脚は
オレンジのかけらも無くて真っ黒の脚してたりするんですよ^^
Commented by granpatoshi at 2009-08-25 22:02 x
こんばんは♪
このカワセミ君、目力を感じさせます^^。もう親元から離れて一本立ちした証でしょうね。
自分でエサを探し、捕って食べる・・・野生の力強さってところでしょうか。エライもんだ^^。
私のフィールドでも、つい半月前まで盛んに親にエサをねだっていたヒナたちの巣立ちも
終わったようで、ちょっと淋しい気もします。元気に育ってほしいですねぇ^^。
Commented by kotodaddy at 2009-08-25 22:05
Pikatto08さん
上のコメントにも書いたんですが、個人的には色が一番判別しやすいと思います。身体の
大きさとかは、実際に巣立った段階ではほとんど親と差が無い位になっていると思います
ので、判別の方法にはならないと思います。実際に卵から孵ったところから巣立つまでって
約3週間位って言われてるんですが、たったそれだけで親と同じ大きさまで成長してしまう
んですね。カワセミの遭遇率はフィールド次第のところがありますから、ちょっと違う場所に
行けば簡単に会えたりするかもしれませんよ。
Commented by kotodaddy at 2009-08-25 22:11
granpatoshiさん
この時は、おおかた追い出しも済んで親は3番子の繁殖に入ったと聞いた時期なんですが、
それでも枝に2羽の子カワセミが留まったりしてましたから、これから正に一人立ちが始まる
時期にあったのかもしれません。この後、何度もダイブしてましたが小魚が獲れるのは5回に
1回位でしたねぇ。まだまだ鍛錬が必要な感じでしょうか^^
Commented by 美銀座美人 at 2009-08-25 22:27 x
kotodaddyさん
こんばんは。今年もいよいよ「追い出し」が始まる季節ですね。
この子が一人立ちしても立派にそして逞しく生き抜いて行ってくれる事を祈って止みません。私も日曜日に撮って来ましたが4羽並びのシーンがありました。また来春までお預けですね。
Commented by kotodaddy at 2009-08-25 22:40
美銀座美人さん
4羽並びですか。そりゃスゴいですね。私の行くフィールドでも4羽とかあったらしいですが
もちろん私は見る事ができませんでした。壮観なものなんでしょうねぇ・・^^
で、フィールドでは3番子の繁殖に入ったと言う事らしいんですが、3度目の繁殖が成功と
言う事になると、半年足らずの間に10羽以上のカワセミが同じエリアで誕生するって事に
なる訳ですね。追い出されて、一体どこに行くものなのか不思議でなりません。うまく餌を
獲れる場所を探せればいいのですが・・。
Commented by マータン at 2009-08-26 07:09 x
kotodaddyさん、おはようございます。
そっと覗きたくなるようなシーンですよね。
カワセミ自体は、笹の葉に隠れているつもりかも知れません。
生きていくために真剣な眼差しになるのは、分かるような気がします。
しっかり獲物を捕って、生き抜いて欲しいです。
Commented by paseriy2 at 2009-08-26 09:16
綺麗に翡翠にピント着てますね。さすが!

このようなsituationでは、私の「AF」では到底無理です。
AF迷っている間に逃げちゃいます。(泣)
この頃では、飛び物もMFです~~~~
Commented by kotodaddy at 2009-08-26 09:25
マータンさん
カワセミって狩りの時間以外は大抵木の陰の薄暗い場所にいる様な気がしますね。今まで
そういう写真ってあまり撮れてないので、今後はチャンスがあれば撮ってみたいです。
まぁ、発見する事でさえ難しいと思いますけど・・。鳥の目にも表情みたいなものはあって、
リラックスしてる時とそうで無い時くらいは何だか分かる様な気がします。真剣に獲物を
探してるカワセミの目、ちょっと凛々しくていいですね^^
Commented by kotodaddy at 2009-08-26 09:29
パセリさん
とてもAFでは難しい状況なのでMFに切り替えてみたのですが、私はあまりこういう事を
今までしなかったです。ここにお越しになる方々にはMFをバシバシ使っておられる方が
多い様な気がします。しかも通常の飛びシーンなんかでもMFで追うらしいのですが、
どうしてMFを使われるのか。その辺さえ分かって無いので、今度教えていただきたい位で・・^^;
個人的には難しくて、私にはムリそうです・・・^^;
Commented by モケーレ at 2009-08-26 12:30 x
荘厳な雰囲気が漂っていますね~、

若ながら、緊張感がでているのはさすが「本能」なんでしょうね、
うまく獲物が取れたかな?
Commented by Hobby at 2009-08-26 14:22 x
この前被りですと… やっぱしMFっすね♪d(^o^)
MFを嫌う方が居るような気もしますが、きちんと視度調整が出来ていれば、難しくないと思うんですけど~♪

ただ自分の場合は、体調で見え具合が変わるので、必ず撮影前に調整しなおします。
深度が浅い状況で、ピン位置をコントロールすることに快感を覚える変態です♪(笑)
Commented by kotodaddy at 2009-08-26 16:45
モケーレさん
獲物は何度かダイビングにトライするうちに何とか獲れてましたね。まだ下手っぴみたいです。
独り立ちするとやっぱり緊張感が出てくるもんなんでしょうかねぇ。真剣な眼差しがいいです^^
これから色んな試練が待ち受けていると思いますが、強く生き抜いていって欲しいと思い
ますねぇ。別のフィールドではアッと言う間に猛禽にさらわれて行ったという話も聞きました。
Commented by kotodaddy at 2009-08-26 16:49
Hobbyさん
あ、日頃からMFで追っかけている方が登場^^; こういう状況ではやむなくMFに切り替え
ますけど、飛びシーンはMFで追いかけるのは全然ムリですね、今の私では。って言うか、
AFじゃなくてMFで追う利点って何なんでしょう。一度Hobbyさんのフィールドに出向き、
小一時間その辺をご教授いただきたいなぁ。で、「今日はありがとうございました」と深々と
あたまを下げながら、傍らにある856を自分のバッグにしまって帰りたい・・(笑)。
Commented at 2009-08-26 19:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by wisteria_apr at 2009-08-26 20:00
こんばんは。
この枝被りだとAFはちょっと無理ですよね。バッチリじゃないですか^^
私もMFはほとんど使わない(使えない^^;)ので、いざこう言う場面になると
中々これだと言う写真は撮れないです・・・。桜流しは相当の枚数が犠牲になっていますし。

カワセミは水中にいる魚を品定めしているのでしょうね^^
Commented by kotodaddy at 2009-08-26 20:31
カギコメさん
いま、ちょっと見てきました。レベルが違うってのはこの事かもしれませんね・・。
思わずブックマークしてしまいました。ありがとうございます^^
Commented by kotodaddy at 2009-08-26 20:34
wisteriaさん
私なんか「MFにするにはどのスイッチだったっけ・・」というレベルでしたけどね・・^^;
今後はAFとMFを場合によって使い分けて・・とは思いますが、なかなか簡単なものでは
ないですねぇ・・。桜流しも、手前の桜にAFは行っちゃいますからMFなんですね。来年の
春には機会があったら連れて行って欲しいなぁなんて思ってますが、相当に難易度が
高そうですねぇ^^;


<< 夏休み最後の私の休日      ピ~ンチ >>