2009年 07月 22日
鬼の霍乱(かくらん)
c0152553_1843924.jpg

完全に風邪をひいた。「微熱気味だなぁ」とか「ちょっとカゼっぽい」と言うのは年に何回かあるが、ここまで潔く風邪をひいたのは久々の様な気がする。
医者に行かない私も今回ばかりは行った。理由は高熱が出たからだ。これだけ世間で「インフルエンザ=高熱」と繰り返し刷り込まれると、さすがに「これこそがインフルエンザかも・・」と思ってしまった。自宅からほど近い内科に入ると、受付の女性が事務的に尋ねてきた。「今日はどうされました?」。昨日の夕方から急にノドが痛くなった事。夜は頭痛が酷くて眠れなかった事。咳も出る。身体が鉛の様に重い。軽く頷きながら沈着冷静かつ事務的に問診表に記入していく受付の女性。しかし、その後付けくわえた一言で女性の態度は一変。「昨夜より高熱が・・・」。私が言った瞬間、女性の目はキラリと光った。たしかに光った。パッと後ろを振り返って「ある物」を掴んだと思ったら、「これ、付けてください」と一言。差し出された右手にはマスク。しかも普通のマスクではない。この春、テレビでイヤと言う程に見せられた仰々しく思える程の、あのデカい立体成型マスクだ(苦笑)。
そして「いま、非常に混雑していて待ち時間がかかります。一度、自宅に戻って11時半頃に戻ってきてください」と、こちらに迷いや判断を与えぬ口調。それって一種の隔離ですか。まぁ、こちらも待合室で「あの人、インフルよ」などとヒソヒソ言われたくも無いし、その方が気が楽だし。
で、診察結果は陰性。ま、軽い風邪という診断でタミフルも処方されなかった。薬を飲んで、じっくり眠ったせいか、やっと良化に向かってきた様だ。良かったけど、せっかく戻って来たmk3のテストも先送りになっちゃったなぁ。天気がコレじゃ、どうせダメだったか・・^^; 画像は熱でフラつきながら、自宅で仕方なく撮ったワンコです。

by kotodaddy | 2009-07-22 18:32 | その他


<< ポ~ニョポニョポニョ、ツバメの子~♪      QFのOne World塗装機 >>