2017年 07月 25日
甦れ、EF24-105
私の標準ズーム、それはEF24-105 F4L IS USM。
もう遙か昔に、たしかEF70-200 F4L ISの次に買ったLレンズだと記憶しております。
レンズに関しても「売った買った」をさんざん繰り返してきたワタシですが、このレンズだけは手元から離れないで今に至っています。
最近じゃⅡ型なんつーモノも発売されたみたいですが、まぁ望遠ばかりで被写体追い掛けてるもんでじぇ~んじぇん食指動きません(キッパリ)。
とは言え、かれこれもう10年近く使ってますもんでね。見た目に大きなキズやスレは無くとも、やっぱり経年みたいなものは感じるものでして。

例えばココ。ピントリング。
c0152553_18140545.jpg
このピントリングってゴムで出来てますんで、年期入ってきますとなんだか白っぽくなってきちゃうんですね。
こうなってくると「じぇ~んじぇん食指動かない」ワタシでも「そろそろ新しいのとリプレイスも‥」などとなりかねません。

いかんいかん。クルマだのカメラだのに日頃からこれでもかと散財してる身としては、いらん物欲は封印せにゃなりません。
って事でコレですよ。
c0152553_18141219.jpg
アーマオール。いわゆるゴムやプラスチックなどの保護つや出し剤ですね。皆さんのご家庭にも1本転がってやしませんか(笑)?
これを使って10年モノのEF24-105を新品同様に復活させてあげましょうってのが今回の企画。
c0152553_18141725.jpg
こんな感じで、薬剤を染み込ませた綿棒でミゾ1本1本に塗り込んで参ります。結構ジミな作業ですが、液体の薬剤なんで全然難しくもありません。
作業時間はものの4~5分ってところでしょうか。
c0152553_18142320.jpg
Afterはこの通り。やっぱりクロはクロであってこそ引き締まるってもんです。みごと10年の経年劣化が払拭され、今の世に甦りました^^
ワタシの場合は「アーマオール」を使いましたが、変なニオイやベトつきも一切ありません。ただ「キレイになった」だけ。
同じ「保護つや出し剤」で「ポリメイト」とかって有名商品もありますが、こちらに関しては分かりませんので自己責任で^^;

「甦る」と言う漢字は「更」に「生」きると書きます。私もまだまだこのレンズと更に生きて行くことでしょう(笑)。


# by kotodaddy | 2017-07-25 18:44 | EFレンズ | Comments(4)
2017年 07月 23日
Mahiro Kiuchi ~筑波ロードレース選手権 Rd.3

ライダーズサロン横浜所属。木内万絢選手。
c0152553_13124556.jpg
この選手は何度か行った筑波ロードレースや先週のもてぎでも目にしていました。
やはり8歳でポケバイを経験して、2015年には「CBR250 もてぎMFJレディースカップチャンピオン」を獲得しています。
c0152553_13132830.jpg
2001年生まれって事ですから、現役の高校生ライダーなんですね。
高校生でこういうレースで活躍しているってのは、例えば学校なんかでどうなんですかね。
いや、「高校生がバイクのレースなどけしからん!」とかって話じゃなくて。
高校生の男子なんかバイクに興味アリアリな訳じゃないですか。
で、そんな中、同じクラスの女の子がバイク乗ってるってだけじゃなくて、サーキットをコォーーンって疾走しちゃってる訳ですよ。
もうなんつーか、「憧れの的」なんじゃないですかねぇ。
c0152553_13133361.jpg
今回の撮影に関しましては、Twitterをご覧になった方は既にご承知ですが、全編7Dmk2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM で通してみました。
1DXとヨンニッパは家でお留守番。いやー、こういう日が来るとは思わなかったわぁ(笑)。
c0152553_13133833.jpg
上の画は、筑波サーキットの象徴である「ダンロップブリッジ」を右にコーナリングした後、直後の左コーナーに備えてマシンを起こしたところ。
この後に左にマシンをバンクさせて駆け抜けて行くのですが、この切り返しなんかもスムーズにシュパーンと思い切りよくイッテました。
この区間、ダンロップブリッジが死角になっているブラインドから、ライダーは高速かつ突然に飛び出してきます。
なかなか突如現れたマシンにピントが来にくかったんですが、何枚か(甘いながらも)残ってくれていました。
そもそも理想的にはアングルをもっと直線的に捉えられる場所に立ちたいのですが、それはプロじゃないと行けない場所なんですねぇ。
アマチュアはアマチュアなりに、この区間をもうちょっと印象的に撮り切ってみたいのですが、次回以降の課題になりますでしょうか。

1.6倍の恩恵で自らの望み通り寄れましたし、帰宅後にDPPでチェックしてみたところ、ハッキリ言ってゴミ箱行きのRAWデータはえらく減りました。
撮り方やカメラセッティングは特段変えてるところも無いので、これは明らかに7Dmk2の実力によるものが大きいか、と。
2枚目の画なんかも、先に構図を決めて、測距点が多くなって広範囲をカバーする事ができる様になったAFフレームの端っこで追いかけたものですが、
今までの7Dではできなかったものが色々と実現可能になったのは間違いないですね。C-Fnも今までの既成概念に囚われず、イジった方が良いのかも‥。

しかしまぁ、あとはやっぱりウデ。
例えば流し撮りなんかでもっとスローで切って行ける様にするとか、進化した部分を駆使した画づくりをやってみるとか、ウデの研鑽に精進したいところです。





# by kotodaddy | 2017-07-23 13:54 | サーキット | Comments(2)
2017年 07月 18日
EOS 7D MarkⅡ
もういいでしょ。
よくガマンしたでしょ。
c0152553_20352758.jpg
EOS 7D MarkⅡ。
もう発売されてどのくらい経つんだろ、このモデル。もうすぐ丸3年?
「出たら即買い」がフツーだったワタシとしては奇跡の空白期間。
400mmを640mmにしてくれる「魔法の神器」。
さぁ、これでリベンジだ。


# by kotodaddy | 2017-07-18 20:41 | EOS
2017年 07月 17日
2017もてぎロードレース選手権 第4戦
「ツインリンクもてぎ」は2013年9月のスーパーGT公式テスト以来だってんだから、久々です。
正直な話、どんな感じの撮影環境&条件だったのかも忘れてしまってますが^^;
筑波サーキットで2輪ロードレースを何度か観た後、やっぱり「ここはもてぎも行っとかないと‥」みたいな感じになりまして(笑)。

前回の筑波からちょっと個人的に狙ってる画があったんですが、残念ながら手持ちの機材条件や現場の撮影可能環境からはムリみたいで‥。
今回のもてぎでも、そういうシーンが撮れそうな場所探しから開始。で、それに近いカットがコレ。
c0152553_18354078.jpg
低速コーナーからの立ち上がり、ウィリー気味に加速していくってシーンなんです。
ウィリー自体、レースにおいては良いことは一つもありませんので、そもそもあまり出くわさないもんなのです。
ただ、大排気量のレースだと「ウィリーさせようと思ってなくても自然と浮き上がっちゃう」もんで、そこが狙い目、みたいな。

さて、撮ってはみました^^;

んー、思いとしてはここまで横側からじゃなくてもうちょい前側が理想だし、もっと低い目線からのイメージなんですがねぇ。
ツインリンクもてぎって、低い目線から狙える場所ってあんまり無くて、ほとんどが上から見下ろす感じになっちゃうんですね。
それにやっぱり焦点距離がもっと欲しいよ^^; このカットでさえちょっとトリミングしてますから。
もっとドカーンと寄れると迫力も出るでしょうし、アングルも工夫できる‥‥、ハズ。
エクステンダーじゃ失うものも多いだろうしなぁ。やっぱアレだな、x1.6倍を考えるべきだろうな(笑)。





# by kotodaddy | 2017-07-17 19:05 | サーキット
2017年 06月 29日
キュンキュン走る宣言(笑)。
以前、もうちょっとすると1年にもなりそうな頃なのだが。
キュンキュン走れるクルマが欲しいの♡ってお話をいたしました。
まぁ一時はそういう意識も薄れたりもした気もしないでもないのですが…(笑)。

話は先月5月に遡ります。
Twitterで突如目に入った「クルマは自分が気に入った物に乗った方がいいよ。その年齢・タイミングでしか乗れないクルマがあるし。家族ができたら(当分)好きなクルマになんて乗れないよ」と言うある方のツイートを目にして欲望再燃(笑)。もう既に家族もいるんですがね^^;

そうだ、そうなんだよ!やっぱり乗りたくもないハイブリッドでトコトコ走ってる場合じゃないんだよ!人生は一度きりなんだよ!
呆れ返るカミさんに連日連夜の説得工作を施し、ついに念願成就いたしました^^ って、納車は5月の末に済んでいたのですが。
c0152553_19452290.jpg
フォルクスワーゲン ゴルフ(mk7)GTI。もー「キュンキュン走る」にはうってつけの1台であります。
今月マイチェンバージョン(mk7.5と呼ぶらすぃ)が出るせいか、提示条件(厳密に言えばVW認定中古ですが)もすこぶるよろしかったんですな^^

わたくし、今までそれなりにクルマを乗り継いで来たのですが、思えば30ウン年前、免許取得後に最初に乗ったのがVWゴルフだったんですね。
いわゆる初期型(mk1)ゴルフ。左ハンドル4速MTのオンボロ格安中古でしたが、フケまくるエンジンに狂気しつつ乗っておったもんです。
なんかアレなんだよね、当時の国産エンジンには無い、SOHCのクセして回せば回すほどに湧いてくるトルクの出方が独特だったんだよねぇ。
しかし30ウン年後にもう一度VWゴルフに乗る事になるとは、夢にも思わなんだわ^^

アクセサリー類も、これでもかって種類が出てますんで、パドルシフトのエクステンションなんかも付けちゃったりして^^
c0152553_19573977.jpg
平日は会社から充てがわれたハイブリッド車でトコトコ走って、休日になると夜明け前から箱根とかまでドライブしたり。
サスペンションやシフトタイミングが変わる「スポーツモード」を選択して2~4速くらいを使って峠道をキュンキュン走ってますと、時に恐ろしい速度域に達してしまう事も…^^;
そんな「週末はクルマです、はい」的な生活をやってますが、さすがVWのホットモデルだけあってなかなかの走りで楽しめております^^




# by kotodaddy | 2017-06-29 20:09 | クルマ | Comments(12)