2017年 11月 14日
風吹裕矢が愛したクルマたち
「サーキットの狼」と言えば、主人公は「風吹裕矢」。彼が駆ったクルマに触れない訳にゃいけません。
私の記憶が定かであれば、劇中での彼は20歳前のいわば「小僧っこ」という設定。
それがナゼかロータス・ヨーロッパなどと言うイカしたクルマに乗ってガソリン代も気にせず夜な夜な走り回っている…。
一体どんな家庭環境なのでしょうか(笑)。
劇中にはモデルをやってる彼のお姉さんは出てくるものの、特に親が何してるだのは出てきていなかったと記憶しています。
学校に行ってるみたいな場面も無かったしなぁ…。高卒で働きに出てます風でも無いし…。
まぁ、この辺をあーだこーだ言っても仕方ない話ですが。なにせマンガなのですから(笑)。
c0152553_18394028.jpg
このクルマにもシビれましたねぇ。今から思えば、ポルシェやフェラーリだのよりも圧倒的に見掛けなかった様な気がしますねぇ。
ロータスって言うメーカー自体がそんなに日本に浸透してなかったんじゃないのかなぁ。
なので、あの当時コレに乗ってたなんて人はよほどのクルマ好きと言うか、まぁタダ者じゃなかったのは間違いないか、と。
c0152553_18394628.jpg
そんなロータス・ヨーロッパ。何の奇跡か然か、幼かった当時の私の住まいから徒歩30秒の駐車場に停まっておりましてね。
スーパーカーブームってのはまさに空前の一大ムーブメントでしたので、まぁ大騒ぎでしたよ。
「あそこにロータス・ヨーロッパがある」という噂が広まると、どっから来るんだか小学生のチャリンコが連日20~30台やってくる。
そんでもって黙って眺めてりゃ良いものを、低いエンジンフードに乗っかって室内の写真を撮ってるバカモノまで出て来てしまい、
さすがにオーナーさんも「こりゃたまらん」とばかり、やがて何処かに出ていってしまいました。
いやー、私はそういう悪さはしませんでしたけど、当時のガキンチョに代わってお詫びいたしますです…^^;
c0152553_18395099.jpg

その後、風吹裕矢はなんだか今ひとつ分からない存在である「谷田部のオヤジさん」と言うスポンサー的人物を得て、
ロータス以外にも色んなクルマに乗ってるんですが、そのうちレーサーになるんですね。
で、そこでドライブしたのがフェラーリ・ディノ・レーシングスペシャルってマシンです。
c0152553_19003556.jpg
このクルマは実際には実在しない筈のクルマなんですが、なぜかこの場に展示してあるんですねぇ。
さすが池沢早人師氏。「サーキットの狼」を名乗る博物館にこのマシンを置かない訳にはいかなかったんでしょう。
実在しないマシンなんですから、何かのクルマを大胆にモディファイして作り上げちゃったんでしょうね。
c0152553_19004169.jpg
     実在はしないとは言えどモチーフになったクルマはあったみたいで、コレが原型となって池沢早人師氏が劇中に登場させたとか。
     それにしても、劇中に登場してからもう40年近い年月が経過していると思うのですが、現代でも十分にイケてるフォルムではないですか。
     今は昔じゃ考えられない、それこそサーキット専用マシンの様なスタイリングのクルマがナンバー付けて公道走ってる時代ですから、
     このディノRSもフェラーリが限定か何かで出しちゃえばバンバン売れちゃうんじゃないでしょうかね。
c0152553_19004686.jpg
賢明なる皆さんは既にお気付きかと思いますが、フルサイズEOS 1DXに24-105の組み合わせはこういう場所では広角不足気味なんですな^^;
なのでディノRSの後ろ姿なんてのも貴重なカットになる筈なのですが、後ろに回ってもカバーしきれんのです。
16mmからの広角、欲しいですね~(笑)。



# by kotodaddy | 2017-11-14 19:14 | クルマ | Comments(6)
2017年 11月 12日
ランボルギーニ・カウンタック LP500S ~Wolf Ver.
 
スーパーカーブーム世代のワタシとしては、この1台は絶対的な存在でした。
ランボルギーニ・カウンタック LP500S。しかもウルフ仕様の1台であります。
当時のスーパーカーショーなどで何度か目にした様な記憶もあるのですが、イオタの例を取り上げるまでもなく、
ニセモノやレプリカが多いのもこのテのスーパーカー。
しかし、雑誌などの記事においては、このNo.3082車はモノホンと呼ばれる1台ですね。
もうこの個体は有名過ぎる程に有名な1台なので、ナンバーもモザイクかけずにupしちゃいます。

今回出掛けてみたのは、もうだいぶ前から一度は行ってみたかった「サーキットの狼ミュージアム」。
場所が茨城・潮来と言う遠方だって事もありますが、なにより「土日祝日しか開館していない」と言う部分が今までのワタシには合わず、で。
週末休みとなって半年以上が経過しましたが、多少遠かろうが「さて、そろそろ」と意を決して出掛けてみた訳です。
そしたらアナタ、「今日はカウンタック・デーでなんです」って10台以上のカウンタックが勢揃いしてまして。
その中に、冒頭に書きました通りワタシにとっての「絶対的な1台」が目の前に鎮座されていたと、こういう訳です^^

ここまで割りと大人しめに書いてますけど、まぁ正直なところ現場じゃ「狂喜乱舞」ですよ、わたしゃ。
当時はスーパーカーの雄として2台が一騎打ちの様相を呈していたのですが、そのうちの1台、フェラーリのベルリネッタボクサー
(BBと書かない方がカッコ良いと今まで信じてきました・笑)と人気を二分していたのがランボルギーニ・カウンタックで、
私はどっちかと言うと「カウンタック派」だったもんで(笑)。
c0152553_19362417.jpg
いやー、カウンタック自体は何度か目にはしていますが、やっぱりその車高の低さは異常とも思える程です。
ただ、最近のランボやフェラーリは全幅2mに近づかんとする大きさですが、この時代のスーパーカーは意外な程にコンパクトなのも特徴です。
c0152553_19363003.jpg
しっかし一体ナンなんでしょうか、このぶっといリアタイヤは…。
まぁこの現実味の無い踏ん張り感こそがこの時代のスーパーカーたる所以でもあるんだとは思いますが、
馬力なんか比較のしようが無い今の時代のスーパーカーでもこんなに太いタイヤじゃない気もします。
要は「見てくれ」の問題だったんですね、おそらく(笑)。
 
c0152553_19363531.jpg
c0152553_19364187.jpg
c0152553_19364649.jpg
この↑の画像。帰宅してからPCで見返してみて、この角度の写真って個人的になんか妙な新鮮味を覚えたんですけど、
世の中にカウンタックの写真は多くとも、あんまり無かった角度なのかもしれないなぁ。
直線的なウェッジシェイプと言う印象の強いカウンタックもフロントフェンダー回りは絶妙な曲線美も兼ね備えていた、と^^
c0152553_19365028.jpg
う~ん、良いなぁ、この時代のスーパーカー。
今の時代の、例えばディアブロやアヴェンタドールも好きですけど、やはり幼かった頃の追憶が身に沁みます。
せっかくなので、次回もこのスーパーカーシリーズで行ってみたい、と^^


# by kotodaddy | 2017-11-12 21:17 | クルマ | Comments(4)
2017年 11月 04日
入間基地航空祭2017 ~Blue Impulse
今年も入間基地航空祭の時期がやって来た。
去年はたぶん仕事の関係で行けなかったんだと思うんですが、
今は祝日は割りとすんなり休める体制なもんで出掛けてみました(^^)

「まだかな~。早く飛ばないかな~」とお気楽に考えつつも、独特の緊張感を持ってランウェイ方向を見やる。
そしてついにその時はやって来た!
c0152553_08174587.jpg
ブルーインパルス、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
先日の八王子市街地上空展示飛行とは違って、今回は低い低い、低ーい!さすがに基地航空祭は違います(^^)
ほぼこの目線の高さのまま、一切の表現誇張なく我々の頭上十数メートルを5番機がもうもうのスモークを残して駆け抜けて行きます。
夢にまで見た「ブルーインパルス スモーク浴」(笑)。周辺、数百人の観客もどよめくどよめく(笑)。


続く…

# by kotodaddy | 2017-11-04 08:42 | 飛行機 | Comments(2)
2017年 10月 01日
2017 日本女子オープンゴルフ選手権 Part.2
2013年に日本女子オープンに行って以来、実に久々のゴルフ撮影になります。
そもそもプロゴルフに関してはアマチュアの撮影なんぞ許されるものではないのですが、
この日本女子オープンに関しては、指定練習日に(指定された場所限定で)撮影が許されるのであります。
いやー、なんと素晴らしいご配慮。
2013年の時にも記事にさせてもらったのですが、記事本文でも「来年も再来年も、この制度続けてください」。
こうお願いしとった訳なんですが、継続してくださってたんですねぇ。ありがとうございます^^
c0152553_14572325.jpg
日本女子オープンって言いますと、これはもう日本女子ゴルフのNo.1を決める大会ですから、顔ぶれも錚々たるメンツが揃います。
上は渡邉彩香選手、24歳。
実は土日に休みが取れる様になってから、今年は2回ほどトーナメント観戦に行っているのですが、5月に行われた「サロンパスレディス」。
あるPar5ホール左サイドのラフで観戦しとりましたら、誰ぞやがティーショットを曲げ、私の目の前にボールが転がってきたんですな。
それが渡邉彩香選手。キャディさんと一緒に歩いてきてボールを確認した彼女は、これっぽっちの躊躇も無くウッドを受け取り、
ベアグランドをものともせず、低く殴る様な見事なド迫力ドローボールをフェアウェイなりに放って行ったのでした。
こんなショットを2~3mの距離で見てしまったもんだからたまりません。その瞬間から私のお気に入りプロNo.1は彼女となったのです(笑)。
c0152553_14573663.jpg
木戸愛選手もイイです。女子プロでは美脚の持ち主で通っていますが、この日は珍しくパンツルック。
ちょっと日本人離れしたスラリとしたスタイルでフェアウェイを闊歩している様は実にカッコよろしい^^
c0152553_14573105.jpg
c0152553_14574248.jpg
森田遥選手と横峯さくら選手。
このバンカーショットを狙うってのが実は今回の撮影に際して自らに課した一つの目標。
砂粒を印象的に写すのは思っていたよりもシャッタースピードが必要で、1/4000なんてSSは個人的にはほぼ使った事が無いんじゃないか、と。
横峯さくら選手のカットは自分でも気に入った1枚なんですが、後ろのN○Kのテレビクルーさえいなければもっと…^^;
c0152553_14574859.jpg
最後はイ・ボミ選手ですよ、やっぱり。今の女子プロゴルフではトップ人気なんじゃないですかねぇ。
彼女の行くところ行くところ余りの人だかりで、こうやって離れた場所からカメラを向けるしかありませんでした。
向こう側に売店が写ってしまってますが(笑)。

今回の撮影は全てEOS 7Dmk2 + EF100-400 Ⅱ。換算焦点距離640mmで狙ってます。
これが今の自分での最長焦点距離と思ってたんですが、よく考えればヨンニッパにエクステンダーだったら約900mmまであったんだ^^;
ま、実際ヨンニッパまで持ち込むのも抵抗が無かった訳でもなかったんですが、結果的にはサンニッパもヨンニッパも見掛けましたねぇ。
この辺が2013年のギャラリー事情と変わってきた感があって、2013年には長玉なんていなかったもんなぁ。
次回は何の迷いもなくヨンニッパを持ち込みます( ー`дー´)キリッ






# by kotodaddy | 2017-10-01 15:39 | ゴルフ | Comments(2)
2017年 09月 29日
日本女子オープンゴルフ選手権 Part.1 ~Rie Tsuji
辻梨恵選手。
個人では関東中学校ゴルフ選手権、団体でも全国高等学校ゴルフ選手権で優勝を飾るなど、ジュニア時代から活躍してきた選手。
169cmの長身ゆえに、日本オープンの大舞台でも目立っておりました^^
c0152553_19125055.jpg
初日、4アンダーで7位タイの好スタートでしたが、今日は1つ落としてしまった模様…。
それでも途中で見せたグリーン奥からのチップショットでのパーセーブは見応えありました。
19位タイで堂々の決勝ラウンドへ。
c0152553_19130688.jpg
c0152553_19130196.jpg
c0152553_19125689.jpg
明日からの決勝ラウンドで大爆発を期待しております^^
次回は我孫子GCを走り回って撮影した私の大ファンプロゴルファーで^_^


# by kotodaddy | 2017-09-29 19:17 | ゴルフ